建て替えやリフォームの際に家財や家具を預けられる

トランクルームの費用に関すること

自宅を建て替えたりリフォームしたりする際に意外と困るのが、それまで使っていた家具の扱いについてです。親戚や知り合いに預かってもらえるなら良いですが、そのためにはかなりの豪邸に住んでいる人でもない限りは難しいです。だからといってすべての家具を処分して、施工が終わった後に買い直すのでは費用がかかります。そこで利用しておくと良いのがトランクルームで、最近では家具を預けられるところが増えています。しかもトランクルームの良い点は、もちろんすべてではないものの、一日単位で契約できるところがあることです。半年や一年単位でしか契約できないと、無駄な料金を支払わなくてはいけなくなります。しかし一日単位で良いなら、建て替えが済んだ時点で契約を終了できるので、費用が節約できます。

品物に合ったところが選べる

家具と一口に言っても、すべて同じように扱って良いわけではありません。例えば電化製品などは、温度変化が激しい場所に置いてしまうと、壊れる可能性があるのです。しかしトランクルームの中には、庫内の温度を一定に保てる設備が整っているところがあります。このようなトランクルームであれば、熱で変形したり冬場に霜がついたりといったことを避けられます。また高価な家具の場合、盗難が心配になりますが、そのような時には防犯面に優れたトランクルームに預ければ良いです。ビル一棟を使ったトランクルームがあり、入るには免許証の提示や指紋認証が必要になる場合が一般的です。これなら盗まれる心配を減らせますし、地震や台風などの災害からも大切な家具を守れます。