屋内型のトランクルームはどういう荷物を預けるのに適しているの?

小規模な施設が多いのでサイズがあまり大きくない物に向いている

トランクルームは個人で利用できる小規模な貸し倉庫として広く普及しています。中でも屋内型の施設は大きな建物の内部に用意されている所が多いので、風雨に晒される心配がありません。セキュリティ設備も完備されているので盗難被害に遭うリスクも少ないのが魅力です。その一方でトランクルームはあくまでも少量の荷物を一時的に保管するための施設なので、預ける荷物の選択には十分に注意する必要があります。転居やリフォーム工事などの際に私物を仮置きするなど、短期間の利用が一般的です。そのため、ひとり当たりの利用可能なスペースは決して広くはありません。極端に大きな物や形状が特殊な物は状態を安定させたまま保管するのが難しいので避けるのが無難と言えます。

セキュリティ設備が整っている所なら貴重品の保管も可能

屋内型トランクルームは建物の内部に利用者向けの貸しスペースが用意されています。荷物の出し入れは建物内で行う形になるので、扱う荷物を第三者に見られる心配がありません。また、屋内型の施設は強固なセキュリティ設備が整っていることも多いことから貴重品を保管することもできます。自宅での保管に比べればはるかに安全と言えますが、その一方でトランクルームによっては高額な物品の預かりを拒否する所もあるので注意しなければいけません。また、預けた荷物の管理責任はあくまでも利用者本人にあるので、万が一盗難に遭ってもトランクルームの管理者に責任は無いと見なされるのが普通です。トランクルームを利用する際は規約をよく確認し、納得したうえで荷物を預けるのがトラブルを避ける心得と言えます。