屋外型のトランクルームはこんな利用方法がある!

屋外型トランクルームの特徴

最近街中でよく見かける様になったトランクルームですが、どんな使い方があるのでしょうか。メリットが高ければ利用してみるのも1つの手段です。トランクルームのタイプには屋外型、屋内型、宅配型があります。屋外型は比較的大きめなコンテナタイプが多く、利用料金も手頃な設定となっている物も多いのですが、空調管理は期待出来ませんので、温度変化や湿度に影響を受け難い物を置く場合に適しています。コンテナ自体が丈夫だし、鍵が掛けられて、24時間いつでも利用出来るのもポイントですね。 また、しばらく使わない家具など、大きめな荷物を預けたい場合にも屋外型が適しています。自宅の近所にある場合は更に便利に利用出来ますが、距離が遠く離れている場合には自家用車がないと荷物の運搬が困難で、利用する上でのデメリットとなるので注意が必要です。

トランクルームに預けたい物は?

自宅に物があまり置けない状況ではトランクルームの存在はありがたい物です。特定の季節にしか使わない物や、行事の道具、今は使っていないけど捨てるのはもったいない物、残しておきたいけど結構重い本や雑誌など、高温多湿に耐えられる物なら気にせず預けられます。外でしか使わないバーベキューセットやテントなどアウトドアグッズの保管にも良いですし、スキー板やサーフボードなどの保管にも便利です。

長期的に物置としても使えますが、短期的に利用しても便利な場合もあります。改装やリフォームや引越しなどに伴う荷物の一時保管などの場合には大変便利な存在と言えます。

注意点も有りますが、上手く使えばとても便利なトランクルーム、利用方法を考えるのも楽しみの1つかもしれません。
ただ、社会問題にもなりますので、くれぐれも住居にはしない様にしましょう。